ブログトップ | ログイン

「さみ・くり」ぶぅ~ろぐ

samikuri.exblog.jp

基本的に何でもアリなんですが、日々気になった事や撮影した画像を掲載します。

ISS(国際宇宙ステーション)の撮影

人工衛星や宇宙ステーション、スペースシャトルなんてドデカイ望遠鏡でも使わないと見れない、または撮影なんて出来ない・・・ なんて思う方が大半なんじゃないでしょうか。

でも人工衛星って、朝方や夕方に太陽の光を受けて輝く光の点が全天を高速で通り過ぎていく姿を肉眼で見る事が出来るんです。
まして、人間が滞在してる様な巨大な宇宙ステーションは条件さえ整えば、非常に良く見れます。
と言っても、高度が有り過ぎますので形までクッキリ見れるのかと言ったら、それこそ望遠鏡を使って拡大しないと見れませんが、これにはかなり無理があります・・・


で、JAXA(日本宇宙航空研究開発機構 「ジャクサ」って読みます)では国際宇宙ステーション(以下ISS)に日本の化学実験棟「きぼう」を建設するにあたり、広報活動しているJAXAのサイトがあります。
そこでこのISSを撮影した画像を公募しており、先日投稿して掲載してもらいました。

その中の2006年9月分の所掲載されております。


なんでそんなモン撮ろうと思ったのかと言うと、23日の朝方に暁の中をかなりの高速で飛んでいく光をみつけ、それがISSだった事に感動したのが切っ掛けでした。
人工衛星なら何度か見た事が有りましたが、ここまで明るく輝いてたのに驚いたからです。


   先に画像を御覧になる前に一言申し上げておきますが・・・
   正直興味の無い方には詰まらない画像ですので、予めご了承願います。

   見れる時間と言うのは、1~2分から5分程度の間、天空をかなりの速さで飛行して
   おりますので、拡大して形が判るような撮り方は出来ません。
   見た事のない方はお判りになられないでしょうが、空を流れていく様子を長時間露光
   で写してますので一筋の線が画面に写ってるだけなんです。
   また、星そのものもガイド撮影と言う星を点像にして写す手法を採っておりませんの
   で、これだけ長時間ですと動いてしまい、半端な線になっています。
   まぁ、過度の期待をせずに見て下さいね。


予断ですが ... そう云えば、星空ファクトリーのN氏が昨年撮影してましたね





 <以下の画像をクリックして大きくして御覧ください。> 


24日撮影分
b0050151_930269.jpg かなり明るくなってきたので撮影も辛い・・・
初チャレンジなので勝手が判らず、イマイチな物しか撮れませんでしたが、2カット分の画像を下の構造物に合わせて軌道がズレない様に合成してみました。
本来この日は前日の23日と同様に、かなり長い時間(と言っても数分ですが)見れたのですがパニくってしまい、この程度しか撮れませんでした。
この日は見え初めが朝5時を過ぎていたので見え始める位置(星座からの位置関係)が判り難くかったので写し始めに手間取りました。
<撮影時刻を入れて合成してますので航路変化が判るとおもいますが、左下から右上へ・・・ そしてカシオペア座付近を通過した位から右下(北斗七星)方向へ下り消えていきました。>

25日撮影分
b0050151_931347.jpgこれがJAXAへ投稿した画像と同じ(正確には投稿した物は投稿の規程によりサイズ指定があるのでコレより小さくしてある)画像です。
この日は前日と違いひとつの画面に見え初めから終わりまで収まるので、1カット1発勝負で撮影に望みました。 まあまあの結果に安堵してこの日は帰ることが出来ました。

b0050151_9351928.jpg上記の画像に解説のテキストやデーターを加えたバージョンとなります。

飛行経路ですが、冬の大三角のプロキオン(こいぬ座 α星)付近から、かに座のM44(散開星団 プレセペ)の東(下)を抜け、さらにしし座の「獅子の大鎌」を通り東北東(左下)で消えました。  なお、光跡が細くなったり太くなったりしているのは、上空の薄い雲により明るさが変化した為です。



26日撮影分
b0050151_9442434.jpg街の明かりがドコまで影響するのか見当もつかなかったのですが、ちょっと賭けに出てみました。
撮影後モニターでチェックしたら、完全に露出オーバーだったので、うわぁ~失敗した~!
と思ったのですが、なんとかPhotoShopで色々と補正したのがこの画像です。 
ここまで救えるとは思ってませんでしたが、なんとかなりました。

b0050151_9514595.jpg今回も同一画面に軌跡が収まる予定でしたが、街の明かりを合成するためのマッチングポイントを入れないとうまくなかったので、下ギリギリを入れてしまった関係で、カシオペア座の辺りから光り出しの部分が切れてしまいました。(残念)
今回は北極星を中心に北西から北東へ(画面左上から右下へ)駆け抜けていきました・・・



以上、9月下旬に見れたISSの画像3日分を掲載いたしました。


2006 9/10 にシャトル(STS-115 アトランティス)打ち上げでP3/P4トラスの組み立てで、新しい太陽電池パネル他などが取り付けられました。 そして、9/10現在の宇宙ステーションの画像がこちらになります。
12Aミッション終了後のISS
(STS-115シャトルの12Aミッション終了後、シャトルからの撮影 /JAXAより) 

あれ?リンク先URLが変ってしまって画像が替わってるじゃんか?画像を入れ替えちゃったのね・・・
ま~こうして予告無く変わる事が有りますので、その辺はご勘弁を。

なお、国際宇宙ステーション(ISS)は40数回にパーツ(トラス)を分けてシャトル、ソユーズなどで打ち上げられて、4年後の2010年に完成予定だということです。
by samiell | 2006-09-28 09:59 | Photo’s