ブログトップ | ログイン

「さみ・くり」ぶぅ~ろぐ

samikuri.exblog.jp

基本的に何でもアリなんですが、日々気になった事や撮影した画像を掲載します。

紙ヒコーキは大気圏を越えられるか?!

時々JAXAネタをここでやりますが、久し振りのコネタ???

『日本の研究チームが、紙飛行機を国際宇宙ステーション(ISS)から飛ばし、地球に帰還させることを計画している。東京大学の研究者は6日、特殊な紙で作った小さな「折り紙」飛行機で風洞実験を行い、摂氏250度、音速の7倍の風速の中で30秒間飛ばすことに成功したと発表した。』

衛星軌道上から折り紙の飛行機を落としたら(飛ばしたら)どうなるんでしょう???
興味がありますね~ そしてどこに落ちて来るんでしょうか。
そして、そして誰が拾うんでしょう???
衛星軌道上から大気圏の限界ポイントで燃え尽きるモビルスーツのZAKUをつい思い出しちゃいます。

日本の研究チーム、「折り紙」飛行機を宇宙から地球へ | Excite エキサイト<<世界のびっくりニュース>>




昨年5月から日清食品とのコラボアニメ作品「FREEDOM」の物語冒頭で月面で主人公が拾った写真とソコに書かれた「こちらは大丈夫です。 そちらはどうですか?」と言う短いメッセージから物語が動くと言う物があります。
主題歌を宇多田ヒカルが歌った事でも知られてますが、正にそれを地でいくような『宇宙版/メッセージ・イン・ア・ボトル』が今回の企画だということですよ。
折り紙・・・ つまり紙が空の彼方を飛んで(落ちて?)来る?

そんな事はなっから無理だと考えもしませんでしたが、出来るんでしょうか?
特殊な紙を使うと言う辺りで引っかかりますが、いっそ普通の紙でやって欲しいもんですが・・・
国際宇宙ステーションのある衛星軌道上から数ヶ月をかけて降りて来るそうですから、途中雲の中を通って来るんですから、濡れてしまってはいけませんから防水紙じゃないといけませんよね・・・。
あとは再突入時の摩擦熱ですが、どうもソッチの方が一番の問題だそうで、着目するポイントがやっぱり違いますね・・・。
by samiell | 2008-02-09 03:03 | TB(トラックバック)